塞いで開いて

「今日もガス代を払い忘れた、明日こそ払おう」

 

 そう考え続けて結局払いそびれる生活を続けていると「いや、払ったのではないか?」というゾーンに入る。人生は考え方次第。ガス代を払ったと思えば払ったことになる。そうだ、私はガス代を払った、払った側の人間だ。これで堂々と胸を張って街を歩ける。人生の明かり、灯させていただきます(電気代も払ってないのだが)。覚悟を決めてしばらく過ごしていたのだが、数日前に普通に催促の手紙が東北電力から届いた。どうやら払った側の人間にはなれていなかったようだ。火星行けないなこりゃ。

 今日こそ払おう。携帯にメモした「ガス代」の文字をしっかりと目に焼き付けて職場を出る。出てる。出そう。出た。忘れた。他の用事を思い出したので一旦保留にする。家の近くのコンビニでいいや。アウターを見るためにセカストに立ち寄り、20分ぐらい色々試着した。なんかどれもしっくり来なかったし、まだ本気のアウターを買う程の寒さでも無いので一旦保留にする。秋と冬の間は人を迷わせる。意思がはっきりしないのは季節がはっきりしないせいだ。

 店を出てすぐ、首にかけていたイヤホンがないことに気づく。air pods的なイヤホンは絶対に失くしてしまうだろうから数千円の首かけイヤホンしか使わないと決めている。佐久間さんと全く同じ理由ね。なのに失くした。店に戻って試着した服のフードやポケットを確認し、店員さんにも聞いてみたが見つからない。おかしい、だってBluetoothはセカストの中では繋がるのに外に出ると繋がらなくなるのだ。絶対に店の中だ。リュックやポケットの中だったていうしょうもないオチになるわけがない。ベタベタのクソ脚本。まあでもこういう時のダメージを減らすために安価なイヤホン使ってるからな、2年ぐらい?よく持ち堪えてくれたよ。ありがとう。突然の別れにも関わらずクールな態度をとってしまう。時々冷たい人だと言われてしまうのはこういうところなんだろうな。だってガス代払ってないだもん。

 

 予備のイヤホンが無いのですぐ閉店間際の電気屋に駆け込んだ。買いたい時が買い替え時〜〜〜〜〜〜!!!!airpods的なのには目もくれず首かけイヤホンのコーナーへ。audio technicaの適当なやつを選んで店を出てからすぐに開封。むむむ、コードが思いのほか長い。乳首より下に行く。乳首のラインを超えるとだら〜んとして見栄えが悪いしいづい。それに音量調節の部分が寿司ぐらいでかい。これから俺は乳首寿司を通して音楽を聴くのか...?やだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだやだ。きっとこのイヤホンはサブになる気がする。サブにする。Amazonで前と同じやつ買おう…。

 

 

 

 去年の遊びに行けない期間に作って眠らせてきたプレイリスト。夜行バスの中で聴きながら寝て、ぶっ倒れて、吐いて。いなくなったイヤホンにとっては最後に思い出ができたんじゃないだろうか。イヤホンしてない時間の楽しい思い出も聞かせてあげたかったよ。

 

 

うわ、今日もガス代を払い忘れた、明日こそ払おう。