置き場のない言葉の置き場

中学何年生ってbio欄に書かなくなってからどれぐらい経つだろう。計算方法も忘れてしまったが中学生であるという自覚だけは持ち続けている。

 

私立恵比寿中学の「イエローライト」という曲が素晴らしかった。

 

この曲はエビ中にたくさんの名曲を授けてくれたたむらぱん大先生の書き下ろしで、まだ音源化はされていないそうな。なんでやねん。ミリオン確定顔やろ。ズレてるわぁ。2020年末のライブ映像が公開されているが、自分が初めて見たのは去年の秋だった。

 

 

エローライトにはエビ中が持つ優しさ・たくましさ・あたたかさの全てが詰まっていると思う。無責任に背中は押さず、そっとさすってくれる感じ。

 

とにかく凄い歌詞に溢れている。でも1番はやっぱりサビ。

 

「最高だよって笑うため わたしは足踏みしたりするんだ」

足踏みするということはその後スタートが待っているということ。でもうまくいかない現状への焦りもある。それでもなんとか進もうとしてるのを「足踏み」というワードで表現し、黄色信号(イエローライト)とかけている。天才です。たむらぱんには軽率に天才という形容詞を使わせてくれ、だって天才だから。何の為に頑張ってんだと嫌になったりすることもあるだろうけど、最高だよって笑うことが1番シンプルでかつ目指すべきものだと気付かされました。

 立ち止まるってとても大事なことで、それをエビ中は身を持って知ってるはずなので歌詞に説得力がある。エビ中の凄い所はどの曲も"歌わされてる感”が無い点。歌詞が全て一人一人の体内で育ってきたかのようにたくましい姿で耳までやってくる。今回は特に彩ちゃんが休みの時期だったというのもあるのか、特に言葉に魂が乗っかっているなと感じました。あとコメント欄とかツイッター見てていつも思うんですけど、皆さんエビ中メンバーに対する優しさもっと自分に向けてあげても良いと思いますよ。家族仲間子供に思うことは誰にだって当てはまります。あなたもそうです。

 

ところで夜遅くになると黄色の点滅信号に切り替わるのって田舎だけなのだろうか。

 

もう一つ好きなフレーズがある。

「それでも 気持ちは 毛頭収まらない なら これも それも あれも どれも みんな願っていいんだよ 」

思考がぐるぐると巡っていろいろ考えてしまうけど、全部間違ってないんだよと肯定してくれれる素敵な歌詞。この歌詞のキーポイントは「毛頭」。漢字だとちょっとイカついけど読んでみると「もうとう(もーとー)」と伸ばせるので非常に耳心地柔らかな単語。だからその後の「あれもこれも〜」と融和して全体としてまとまりが生まれてる。これがもし「全然」とか「全く」だったら角ができてフレーズが分断されてしまう。この言葉選びのバランス感覚が絶妙でとても印象深い歌詞です。振り付けでみんなひょこひょこ出てくるのも可愛いですね。

 

 これ余談なんですけど、僕は仕事の休憩中にベローチェでイエローライトの動画見て泣きました。仕事のことで悩んでいた時期だったんだけど、気持ちを動かされたおかげでその日の午後の面談で上司に正直な自分の気持ちを伝えることができた。僕にとっての進める時はその時だったんだと思う。そしてまた次に向かって足踏みを始めている。

 

エビ中ってメンバー自身も輝いてるし、こちら側も照らしてくれてる気がするんですよね。絶対に。その光をイエローライトという曲は目に見えるものにしてくれました。

 

行くも帰るも結局エビ中。今年はライブ行こうかな。

サイリウムでステージ照らしてあげないと。